個人売買 VS 車買取店 どっちが中古車を高く売れる?
個人売買 VS 車買取 どっちが中古車を高く売れるのか徹底解説をしました!
ホームボタン

個人売買=ヤフーオークション?!

突然ですが、車の個人売買・・・と聞いて何をイメージしますか?

私はヤフーオークションへ出品して、落札者に売却する、というイメージがあります(※私は30代です)

ちなみに私の父親(※60代)は「うーん、親戚や知人に売却することじゃないの?」とのこと。

また父親曰く「ネットで売買するなんて、ありえないし、下取りに出せばいいだろう?」
として、買取店の存在も全く知らない父です・・・

確かに団塊の世代の人たちから見ればネットで売買をするなんてありえないことですし、”現車主義”で現物をみないなんてありえない!という意見はしごくまっとうな意見だと思います。

そこで、今回若者 VS 60代・・・ではなく、個人売買VS車買取(※リアル)について解説します。

メリット

個人売買の最大のメリットはやはり「高額で売却できる」点です。

例えば、買取店へ査定依頼した結果50万円だった車を70万円で売った友人がいます。

もちろん落札者が納得すればそれ以上で売れることができるため、極端ですが青天井と言えます。

当然ですが、買取店⇒オートオークション⇒中古車販売店⇒買主とさまざまなポイントを通過するため、中間マージンがかかりますが、個人売買の場合は、直販なので買主としても中古販売店で買うよりも安くゲットできるというわけです。


また、個人間売買なので、消費税がかからないメリットもあります。

例えば中古車販売店で100万円で売っている車は実際には108万円ですから、消費税を気にせずに購入できます。

デメリット

最も多い事例が、引渡し後の車トラブル、例えばすぐに壊れた! という極端な事例から、エンジンから異音がする、ブレーキの効きわるい、エンジンルームの錆びが多い、タイヤがすり減りすぎているなど、様々です。

もちろん、ノークレームノーリターンがヤフオクの基本ですから、気にする必要がありませんが、精神衛生上あまりよいとはいえませんね。

もう一つは名義変更について。

売主⇒買主に譲渡するわけですが、名義変更をしてくれない、というトラブルです。

車に問題なければいいですが、なにかのクレームが入ったあとに「この問題を対応してくれなければ、名義変更はしない」といって突っぱねられるケースがあります。

名義変更しないと自動車税の請求やオービスなどのスピード違反、駐車違反などの連絡がすべて元の持ち主である出品者に来てしまします。

まとめ:やはり買取店が安全

個人売買に比べて、安くなってしまいますが、こうしたトラブルを防ぐためには買取店に売却をしたほうがいいでしょう。

もちろん、それでもヤフオクで自動車 売るといった固い決意・意思があれば、止めはしません・・・・


ハイリスク・ハイリターンをとるのか、ローリスク・ローリターンをとるのか? あなた次第です。

参考になれば嬉しいですね。



▲ Page Top

Copyright (C) 2014 個人売買 VS 車買取店 どっちが中古車を高く売れる? All Rights Reserved.