中古車売買の流れ

個人売買 VS 車買取 どっちが中古車を高く売れるのか徹底解説をしました!
ホームボタン
中古車売買の流れ

中古車はどのようにして消費者の手に渡るのか?

ディーラーへ下取りに出したり、買取店へ売却した愛車。
ではその後、どういったルートを辿って最終的に消費者のもとへ届けられるのでしょうか?

まずもっともポピュラーな販売ルートはオートオークションという、中古車の築地市場のような会場に出品されます。
全国各地にあり、今はインターネットオンラインで中継で車を見ることができるため、落札者である中古車販売店は遠くにいても確認することができます。

出品者である中古車買取店は、オートオークション会場の主催者に出品手数料を支払い、中古車販売店はお目当ての車を入札して、購入するわけです。

そして持ち帰った中古車を整備して、利益を載せて雑誌やインターネットに広告をだし、店頭などで販売するというわけです。

直接販売もある

すべての買取店ではありませんが、買取店に対して事前に「年式や車種・色」などの希望の条件を伝えておき、その車をお店が買い取った翌日にはすぐに連絡がいきます。

つまり、売買契約が成立したらすぐに連絡がいくため、スピーディかつ余計中間マージンがかからないため、買い手としては安く入手できますし、売り手としても利益を多めに載せることが可能です


また、ディーラーによく見られますが、下取りした車をそのままお店の店頭にならべて販売しているケースもあります。
たとえばマツダなのに、日産やトヨタの中古車を販売している理由は下取り車をそのまま売っているからです。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 個人売買 VS 車買取店 どっちが中古車を高く売れる? All Rights Reserved.